くだらないけど面白い「宇宙兄弟」アプリ

印刷

   講談社は、モーニングで連載中の漫画「宇宙兄弟」(著者:小山宙哉)のiPhone用アプリケーションを、2011年9月22日から無料で配信している。

昔やった、あの遊びを再現

皆で協力して月までジャンプ!
皆で協力して月までジャンプ!

   ジャンプして「今、地球上にいなかった!」という、幼少期に誰もが1度は経験したであろう遊びを、軸にしたアプリ。

   ただし1人でやるのではなく、世界中の人々が同じ瞬間にジャンプして、「皆で地球上からいなくなる」というプロジェクトを実行する。

   同アプリをダウンロードすると、毎週1回ジャンプの指令が下り、カウントダウンに合わせてジャンプすると、iPhoneの加速度センサー機能を使って、同時にジャンプした人数とその合計飛距離がわかる。合計飛距離は「エベレスト山」「熱圏」など具体的なグラフィックと共に確認でき、月まで残り何キロメートルかわかるのも楽しい。

   ジャンプしたときの風景やジャンプ力を共有できるほか、目標を突破すると「宇宙兄弟」関連のレアアイテムがもらえることもあるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中