3万3000人超がゲーム&イベントでフィーバー、幕張メッセで「アミューズメントマシンショー」開催

印刷

   日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)と全日本遊園施設協会(JAPEA)の主催する「第49回アミューズメントマシンショー」が2011年9月15~17日、千葉市の幕張メッセで開催された。

初めて「東京ゲームショウ」と同時期・同会場開催

会場は前年を上回る来場者で沸いた
会場は前年を上回る来場者で沸いた

   多数の最新ゲーム機やアミューズメント・エンターテインメント機器などを体験できる世界最大級の「遊びの祭典」として知られる同イベントも今年で49回目。今回は初めて「東京ゲームショウ」と同時期・同会場開催で行われたが、昨年(3万1247人)を上回る3万3464人が訪れ、大盛況だった。「初めて」という部分では、15日に行われた、主催者コーナーでのテーマステージもアミューズメントマシンショー初となるもので、業界有識者やタレントの小沢一敬さん、ホリさんが登壇し、アーケードゲーム業界を盛り上げるべく熱い討論を交わして会場を沸かせた。

   また、一般公開日の17日には、東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーオークションやバザーが開催され、売上金55万3550円の全額が「特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム」に寄付されている。

人気集める全身体感型ゲーム機

   イベントとともに、各出展ブースも盛況だった。今回は、昨今のゲームセンターにおけるシニア層利用増加に伴って、幅広い年齢層を意識したゲーム機や、電力不足による節電に対応した省エネ型ゲーム機器など、世相を反映したものの出展が目立っていたが、そうした中でも、メダルゲーム機や、音楽に合わせて画面をタッチしていく全身体感型の音楽ゲーム機、クレーンゲーム機のプライズコーナーなどが特に人気を集めていたようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中