2018年 7月 22日 (日)

野菜「2倍」長持ち、自ら「節電」もする冷蔵庫

印刷

   シャープは、独自の省エネ技術「e-COOL(イークール)システム」に加えて、人工知能で冷蔵庫自身が賢く節電する「プラズマクラスター冷蔵庫」シリーズ7機種を、2011年10月14日から順次発売する。

使用状況を分析する人工知能採用

   「e‐COOLシステム」をさらに進化させて、高性能コンプレッサーや高効率放熱構造を新たに採用することで、高い省エネ性を実現した。加えて、冷蔵庫の使用状況を分析・管理する人工知能を採用した「節電モード」を搭載。各家庭の生活パターンにあわせた、きめ細かい運転制御で電力のムダを低減するとともに、庫内温度が安定している時などの電力を大幅にカットすることで、最大約15%の節電を可能にした。

「おうちでロック製氷」搭載

   また、新開発の高湿ロック機構を採用した「ステンレス・ロック野菜室」は、野菜が従来に比べて約2倍長持ち。さらに業界で初めて、家庭でロックアイスのような透明度と大きさの氷を自動でつくれる「おうちでロック製氷」を搭載した。「プラズマクラスター」で、庫内を強力に脱臭し、浮遊カビ菌や付着菌も除菌する。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中