部屋の形で音が変わる!? ボーズ初1.1chホームシアター

印刷

   ボーズは、同社初の1.1chホームシアター「Lifestyle 135 home entertainment system」、「CineMate 1 SR digital home theater speaker system」の2モデルを、2011年9月30日に発売する。

スピーカーの角度で音を自動調整

Lifestyle 135 home entertainment system
Lifestyle 135 home entertainment system

   広がりのあるサウンドを再生する「PhaseGuide sound radiator technology」と、臨場感あふれるサラウンド再生を実現する「TrueSpace デジタル・プロセッシング回路」を採用した。また、独自の新技術「FlexMount automatic placement compensation」がスピーカーアレイの設置角度を検知し、設置の状態に応じてサウンドの聴こえ方を自動調整する。さらに自動音場補正技術「ADAPTiQ」で、部屋のサイズや形、家具の配置を解析し、室内特性に合った最良のサウンドが楽しめる。

   新開発した「Acoustimass モジュール」は、小型ながら劇場さながらのパワフルな重低音を再生する。独自のワイヤレス方式により、完全に見えない場所に隠すことが可能になった。

体験スペースが東名阪に登場

   「Lifestyle 135 system」(29万9250円)には6つ(4系統はHDMI端子)のHDソースが接続できるコンソール、AM/FMチューナー、iPod・iPhone専用ドックが付属する。コンソールには独自のナビゲーションシステム「Unify」を内蔵。周辺機器との接続や設定まで画面上でナビゲートしてくれる。「CineMate 1 SR system」(18万600円)はケーブル1本をテレビに直接つなぐだけのシンプル設計だ。いずれも本体の操作に加え、ブルーレイプレーヤーなど周辺機器の基本操作も可能なユニバーサルリモコンが付属する。

   ボーズ製品取り扱いディーラー、ボーズ直営店、ボーズ・オンラインストアで購入可能。

   なお、1.1chホームシアターが体験できる展示スペース「1.1」を、全国3か所で期間限定開催している。銀座 清月堂ギャラリー(東京都)では2011年9月29日から10月10日まで。ボーズ・プレミアムストア心斎橋(大阪府)では11年9月29日から10月30日まで。名鉄百貨店本店 メンズ館セブンステージ(名古屋市)では11年9月30日から10月2日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中