「ZED」残り100公演! 「製作費140億円」舞台、年内で見納め

印刷

   日本初のシルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場ショー「ZED(ゼッド)」の最終公演まで、残すところあと100公演となった。3年3か月におよぶロングラン公演も、2011年12月31日についに幕を下ろす。

世界中から特別に集められたアーティストたち

「ポール&トランポリン」 Photo: Kishin Shinoyama  Costume: Renée April (C)Cirque du Soleil Inc.
「ポール&トランポリン」 Photo: Kishin Shinoyama  Costume: Renée April (C)Cirque du Soleil Inc.

   上演場所である東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)内の専用劇場「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」の総製作費は140億円。日本のライブエンターテインメントとしては史上空前のスケールだ。

   巨大な地球儀に見立てられた高さ20メートル、奈落6メートルの舞台の中、世界中から特別に集められたアーティストたちが幻想的なパフォーマンスを披露する。オリジナルに開発されたアクロバティックな装置と一緒になって初めて実現できた、「ZED」だけしか見られないアクトの数々が見どころ。

   まず圧巻なのが、オープニングの「天の誕生」だ。空中からものすごい距離を落下し、一瞬で再浮上するバンジーパフォーマンスは、難易度が極めて高く、従来のショーならば6~7回の繰り返しが限界だったが、ZEDでは4人のアーティストがパフォーマンスを披露する。

シルク・ドゥ・ソレイユ初の日本人競演も

「ジャグリング」Photo: Kishin Shinoyama  Costume: Renée April (C)Cirque du Soleil Inc.
「ジャグリング」Photo: Kishin Shinoyama  Costume: Renée April (C)Cirque du Soleil Inc.

   「ケルヌーンの火」のシーンでは、ロシアの5人家族がシルク・ドゥ・ソレイユで初めて火を使ったジャグリングに挑戦。アーティスト同士が体を支え、華麗に跳躍させては受けとめるバンキンパフォーマンスの「バベルの塔」では、天空に向かって4段に重なる圧巻の演技が楽しめる。

   人力で高いポールを登るチャイニーズポールに、トランポリンの要素を加えたポール&トランポリンの「天に向かって」も、ZEDでしか見られない躍動感あふれるアクトだ。天を目指してポールを登っていく男性アーティストの中には、ZEDで2人目の日本人となる吉野和剛さん、彼らを上空で待つ「天の白い妖精たち」の中には、3人目にして初の日本人女性の佐藤麻衣さんが出演し、シルク・ドゥ・ソレイユ初の日本人競演を見ることができる。

   チケット価格はレギュラー9500円、プレミア1万4500円、センター1万2500円、バリュー5900円。東京ディズニーリゾートとのセットプランも用意されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中