「レンズ1本」で写真家60人が魅せる タムロン「60周年記念プロジェクト」

印刷

   国内の写真家60人が1本のレンズで作品を撮り下ろした、レンズメーカー・タムロンの60周年記念プロジェクト「写真家60人の『瞬間と永遠』」。作品は特設ウェブサイトで公開され、2011年10月5日~11日には写真展も開催される。

   プロジェクトに参加した写真家の1人、ハービー・山口氏と、タムロン執行役員でマーケティング・コミュニケーション室室長の千代田路子氏が都内で対談を行った。

60人ものプロジェクトは初めての試み

対談を行ったハービー・山口氏(写真右)とタムロンの千代田路子氏(左)
対談を行ったハービー・山口氏(写真右)とタムロンの千代田路子氏(左)
千代田 今回は「瞬間と永遠」というテーマで、写真家の皆さんに、弊社の60周年記念モデルの新しい高倍率ズームレンズ「18-270mm F/3.5-6.3(Model B008)」を使用して作品を撮影していただきました。
ハービー 私も参加しました。ウェブサイトを拝見しましたが、十人十色の作風で、添えられたメッセージもとても印象的でした。それにしても、60人もの写真家を集めるのは大変だったんじゃないですか。
千代田 そうですね。今回のように多くの写真家が一堂に会してプロジェクトを行うのはタムロンでは初めてです。この方だったらどのようにテーマを受け取って、どんな素晴らしい作品を見せてくれるのだろう。そういった期待を込め、幅広いジャンルで活躍されている、幅広い年代の皆さんを選ばせていただきました。ところで「瞬間と永遠」というテーマはいかがでしたか?
ハービー このタイミングで「瞬間と永遠」というのが、我々にとっても考えさせられるいいテーマでしたね。私は「絆」というテーマに発展させ、作品を作りました。今、人々の絆が大切だと改めて言われてますよね。そこで、二人という人間の最小単位の絆を写してみたのです。この震災で壊れた屋根瓦を修理する夫婦や生後2か月の赤ちゃんを抱く母親。こうした絆を日本一心という言葉があるように、国内のみならず、世界にも写真を通じて広げていければという思いを込め撮影したんです。

幅広い作品が一挙に並ぶ写真展

ハービー・山口さんの作品
ハービー・山口さんの作品
千代田 とても心を打つ作品とメッセージだと思いました。参加されている写真家がそれぞれのテーマに発展させて撮られた作品は本当に見ごたえがあります。祈り、夢、時間、記憶、再生、そして希望。さまざまな写真家からのメッセージが多くの人に伝わるといいですね。
ハービー 作品を集めた写真展も10月5日~11日の日程で「3331 Arts Chiyoda」(東京・千代田区)で開催されますが、60人の作品がズラーッと並ぶことで、1つのレンズでこんなに多彩な作品が撮れる、ということが分かって興味深いでしょうね。
千代田 私たちとしても、「18-270mm」の持つポテンシャルをここまで引き出し、ここまで幅広く素晴らしい作品を撮っていただけたことに大変感動しています。
特設ウェブサイト
特設ウェブサイト
ハービー コンパクトで汎用性が高く、広角も望遠もこれ1本で満足のいく写真が撮れるレンズで、これからも使い続けたいと思っています。また、今回のような企画をやって下さいね。
千代田 そうですね。写真展期間中には写真家の皆さんのトークショーも行います。9日にはハービーさんのトークショーもありますから楽しみです。読者の皆様、どうぞご来場ください。

ハービー・山口/Herbie Yamaguchi プロフィール
1950年、東京都生まれ。写真家。1973年よりロンドンに10年滞在し写真家の礎を築く。アーティストから市井の人々のスナップ・ポートレイトを発表し、その清楚な作風は多くのファンを魅了している。写真の他、エッセイ執筆、作詞、ラジオのDJもこなす。2011年度日本写真協会賞作家賞受賞。


  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中