三浦雄一郎氏が語る「80歳でエベレスト登頂目指せるワケ」 7日昼「J-CAST THE FRIDAY」に生出演

印刷

   講談社では2011年10月12日、単行本『60歳からの街歩き・山歩き 三浦雄一郎の「歩く技術」』(著・三浦雄一郎、三浦豪太、220ページ、定価1400円(税別))を発売する。

「メタボ」から復活、75歳でエベレストへ

『60歳からの街歩き・山歩き 三浦雄一郎の「歩く技術」』(講談社)
『60歳からの街歩き・山歩き 三浦雄一郎の「歩く技術」』(講談社)

   エベレストを始めとする七大陸最高峰からのスキー滑降を成し遂げ、世界的冒険家として知られる三浦雄一郎さん。ところが意外にも60歳のころには「燃え尽き症候群」にかかって自堕落な暮らしを送り、気付けば「メタボ」で不健康な身体になっていたという。

   65歳で三浦さんは「70歳でのエベレスト登頂」を目標に一念発起し、トレーニングを再開した。最初は近所の小山にも苦戦した三浦さんだったが、普段から足に重りをつけて歩く「ヘビー・ウォーキング」などで身体を鍛え直し、見事70歳、続いて75歳でのエベレスト登頂に成功。さらに現在は、2年後、80歳で3度目の登頂を目指している。

新著に詰められた「歩く技術」のエッセンス

   本著では三浦さんがメタボから復活し、エベレスト登頂を達成するまでをその独自のトレーニング法を交えながら語る。また三浦さんの次男でプロスキーヤー・アンチエイジング研究者の三浦豪太さんが、日々のトレーニング、そして実際の登山についての実践的な解説を執筆。三浦流「歩く技術」のエッセンスが詰まった一冊となっている。

   そんな三浦雄一郎さんが10月7日、J-CASTニュース提供のユーストリーム&ニコニコ生放送で配信の動画番組「J-CAST THE FRIDAY」(毎週金曜昼12時半~、アーカイブあり)にゲスト出演。目標を持ち続ける意味や若さの秘けつなどについて語る。URLは、ユーストリームがhttp://www.ustream.tv/channel/j-cast-the-friday、ニコニコ生放送がhttp://live.nicovideo.jp/watch/lv66169886

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中