「香り」も大事なインテリア―空気を飾る「エアデコ」が重要!

印刷

   古くから「香り」については独自の文化を誇る日本だが、最近では普段の暮らしの中での「香り」には、日本よりもアメリカ、フランスの家庭の方が気を遣っている――P&Gが2011年10月5日に発表した調査結果からは、こんな傾向が浮かび上がる。

部屋への「香り付け」率、米7割に対し日本4割

「タイフルーティシャワー」シリーズ
「タイフルーティシャワー」シリーズ

   部屋のインテリアやシーンに合わせて空気を飾る「エアデコレーション」、略して「エアデコ」を提案しているP&Gでは、日本・アメリカ・フランスの3か国の20~40代の既婚女性1200人に対し、各国の主婦の「香りとインテリア」に対する考え方を尋ねた。

   これによると自宅の部屋に、ホームフレグランスなどで「香り」を日常的に付けている主婦はアメリカが71.0%、フランスは53.7%だったのに対し、日本では39.2%留まり。「インテリアで重視すること」として「香り」を上げた人もフランス(46.0%)、アメリカ(38.7%)に比べ、日本は36.3%と3か国の中で最も低かった。

「香りをどう使えばわからない」

   「なぜ香り付けを行わないのか」という質問に対して、日本側で突出していたのが、「香りの使い分けが難しそうだから」(15.9%)、「香りに対する知識がないから」(12.9%)という答え。また自分の香り付けに「とても満足している」人の割合もわずか16.0%で、「香り」を難しく考えてしまい、なかなか思うような香り付けができない日本人の姿が浮き彫りになった。これを裏付けるように、「手軽で簡単な香り付け」ができるならやってみたい、という人の割合は76.1%に上る。

   P&Gでは香りによるインテリアの観点から、消臭に加えお部屋を香りで飾りつけて楽しむことができる"ホームフレグランス"「ファブリーズ リゾートコレクション」を展開している。

   9月上旬に新発売した「タイフルーティシャワー」シリーズは東南アジアの情景を思わせるフルーツの香りで、異国情緒たっぷりの空間を演出する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中