テレビを越えたテレビを。mmbiが次世代の放送局 名称「NOTTV(ノッティーヴィー)」を発表

印刷

   mmbiは、先ごろ千葉・幕張メッセで開催されたIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2011」で、次世代携帯端末向けマルチメディア放送「モバキャス (V-High マルチメディア放送)」(2012年4月からサービス開始予定)で初めて開局する放送局の名称を「NOTTV(ノッティーヴィー)」に決定したと発表した。

オリジナルキャラは「notty」

「CEATEC JAPAN 2011」会場の様子
「CEATEC JAPAN 2011」会場の様子

   発表会では「テレビにできないことをする。テレビを超えたテレビになる」という思いを込めて「NOT+TV」=「NOTTV(ノッティーヴィー)」となったネーミングの由来やロゴマーク、さらに「NOTTV」の「O」の部分にも登場する "楽しいワクワクすることを何か次々とたくらんで、やってやろう"という、かわいいモンスターがモチーフのオリジナルキャラクター「notty(ノッティー)」などが、お披露目された。

   またCEATEC開催期間中、mmbiブースでは来場者に「NOTTV」の魅力を体験してもらう特設スタジオに用意された「神戸コレクション」とコラボレーションした「NOTTV ファッション STAGE」や、お笑い芸人を招いての視聴者参加型トーク番組「ソーシャル・トークラウンジ エンダン」にちなみ、人気ファッションモデルの高垣麗子さんやお笑い芸人のAMEMIYAさんもゲストとして駆けつけ発表会を盛り上げた。

2種類の配信形態

   「NOTTV(ノッティーヴィー)」は、地上アナログテレビ放送終了後の空いたVHF周波数帯域の一部を利用する新しい放送サービス。高画質・高品質の映像がスマートフォンなどで楽しめ、リアルタイム型放送による「リアルタイム視聴」と、ユーザーが登録したキーワードに関連するコンテンツを受信して保存する蓄積型放送による「シフトタイム視聴」の2種類の視聴スタイルを持ち、放送と通信との連携により今までのテレビでは実現しなかった新しい放送サービスが実現する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中