「ミス・ティーン・ジャパン」応援大使・押切もえ 結婚と子育てを語る

印刷

   2011年11月から13歳~17歳の女子を対象とした「ミス・ティーン・ジャパン」が開催される。南麻布セントレホール(東京都)では、10月13日に開催決定の記者会見が行われ、応援アンバサダー(大使)の押切もえさんらによるトークショーも実施された。

積極的なティーンではなかった?

左から絵美里さん、押切もえさん、神山まりあさん
左から絵美里さん、押切もえさん、神山まりあさん

   「ミス・ティーン」は「ミス・ユニバース」の妹版と認知されているコンテストで、日本での開催は今回が初めてとなる。書類審査から始まり、審査通過者は11月に名古屋・大阪・横浜の各都市で行われる地方大会に出場。ファイナル大会は12月10日で、優勝者にはテレビや雑誌への出演のほか、各種イベントを通し、「日本のティーンの代表」としてさまざまな活動を与えられる予定だ。

   会見ではゲストとして、押切もえさんとミス・ユニバース・ジャパンの絵美里さん(09年)、神山まりあさん(11年)が登場し、

「雑誌もファッションも大好きで、こういう服を着たい!こういう写真を撮ってみたいとか思っていたんですけど、私とは別世界だと思ってました」(押切さん)
「ミス・ユニバースとはかけ離れるくらいボーイッシュなタイプでした」(絵美里さん)
「泣き虫のこわがりの子でしたね」(神山さん)

と、それぞれの「ティーン」時代を語った。各人とも、もっと積極的になれば良かったという反省があるようで、「たくさんの人に応募してもらいたいですね」と積極的な参加を呼びかけた。

押切もえ「子供ができたら・・・」

   押切さんはティーン時代の夢について聞かれると、「画家とか言ってましたね。あと、公務員って答えていました」と回答。現在の夢は、モデルの仕事を続けていくことと、色々なことにチャレンジしていくことだそうだ。

   ここで芸能記者がすかさず結婚の夢について質問したところ、

「自分の人生の目標では近いうちに、早いうちに結婚をしたいなって思っています。妄想はすごく膨らんでいて、早いうちに結婚して、子供ができたら、このミス・ティーン・ジャパンにも応募してもらおうかな、応募しちゃおうかなみたいなって、そこまで考えてます」

と、「さすがアンバサダー」とうなりたくなるような"模範解答"を披露した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中