「文化系女子」のための「シブカル祭。」渋谷パルコで開催

印刷

   パルコは、「シブカル祭。~パルコの女子文化祭~」を2011年10月28日から11月7日まで開催する。

   1980年代以降に生まれた若手を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性クリエーター約100人の作品を渋谷パルコに集めるイベント。「文化祭」をテーマに「写真部」、「美術部」など10カテゴリーの部をつくり、クリエーター達は各部に「部員」として参加。写真、アート作品や、ライブパフォーマンス等を渋谷パルコ館内などで発表する。期間中は参加クリエーター自身による各種イベントも開催予定だ。

カルチャーといえば「パルコ」!

新しい未来を切り開いていく女子クリエーターたちのパワーを見よ!
新しい未来を切り開いていく女子クリエーターたちのパワーを見よ!

   同社は、1969年の「池袋PARCO」オープン以来ファッションのみならず、音楽やアート、演劇などのカルチャーを積極的に紹介し、さまざまな新しい才能の発見やサポートをしている。イタリア語で広場・公園を意味する「パルコ」には、オープン当初から先鋭的なテナントやクリエーター、若者たちが集まり独自のカルチャーを形成してきた歴史があり、広告でも積極的に女性クリエーターや女性モデルを起用し、女性が時代をリードしている様を表現してきた。

   今回の「シブカル祭。」では、「人が集う場所=パルコ」という原点に戻り、若手女性クリエーターにパルコという「場」を提供し、表現作品の発表やクリエーター同士の交流の「場」となることを目指している。

豪華な参加クリエーター陣

   今回参加するのは、各界を代表する「実行委員」のメンバーが推奨しており、2011年7月にニューヨーク近代美術館(MOMA)での企画展「Talk to me」に出展したアーティスト・スプツニ子!さんや、11年5月に岡本太郎の壁画「明日の神話」へ絵を付け足したことで話題になったアート集団「Chim↑pom」をはじめ、写真家の藤原江理奈さん、漫画家・作家の小林エリカさんなど若手で活躍するクリエーターたちばかりだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中