「YouTubeスペースラボ」、宇宙ステーションで行う実験を募集

印刷

   Youtubeとレノボは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、アメリカ航空宇宙局(NASA)、欧州宇宙機関(ESA)などの宇宙開発・研究機関や宇宙旅行を手掛ける米スペース・アドベンチャーズとともに、2011年10月11日から「YouTubeスペースラボ」プロジェクトを実施している。

募集対象は世界中の14~18歳

「Youtubeスペースラボ」公式チャンネル
「Youtubeスペースラボ」公式チャンネル

   このプロジェクトは、世界中の14~18歳を対象に、国際宇宙ステーションで行う科学実験のアイデアを募集するコンテスト。応募されたアイデアは、物理学者のスティーヴン・ホーキング博士、JAXA宇宙飛行士の星出彰彦氏らで構成される審査団のほか、YouTubeユーザーによるオンライン投票によって審査される。

   優勝者の実験は、国際宇宙ステーションで実際に行われ、その模様はYouTubeでライブ配信される。

   実験アイデアの募集は12月7日まで。応募者は、生物学か物理学において検証したい科学的な疑問を「実験課題」とし、実験の「仮説」「方法」「結果」を説明した2分間の動画をYouTubeスペースラボにアップロードする。ホワイトボードを使っての説明、実験のデモンストレーションなど形式は問わず、日本語でも応募できる。

優勝者には豪華賞品

   1次審査を経て、決勝に進むトップ60人が2012年1月3日に発表され、1月3日~13日にYouTubeユーザーによるオンライン投票を実施。審査団はオンライン投票の結果をもとに各地域レベルの優秀受賞者を選出し、最終的にはグローバルでの優勝者を3月に発表する。

   グローバルの優勝者は、賞品として、(1)宇宙ステーションに向けたロケットの打ち上げを見学(2)ロシアにあるスターシティ宇宙センターで宇宙飛行士向け訓練を体験、のいずれかを選べる。優勝者を含む地域レベルの優秀賞受賞者にはアメリカでの無重力体験とレノボのIdeaPadノートブックPCがプレゼントされる。

   プロジェクトの詳細、応募方法、公式規約などは、YouTubeスペースラボ公式チャンネルまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中