こだわりの手動4倍ズーム、高級小型デジカメ「FUJIFILM X10」

印刷

   富士フイルムは2011年10月22日、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「X」シリーズの第2弾「FUJIFILM X10」を発売する。

光学ズームファインダー搭載

「ファインダーを覗いて撮る」が楽しめる
「ファインダーを覗いて撮る」が楽しめる

   3月に発売された「FinePix X100」のスタイルや性能を継承したモデルで、新開発のF2.0-2.8フジノン光学4倍マニュアルズームレンズを採用し、手動によるなめらかなズーム操作や抜けの良いクリアな画質を実現。

   コンパクトなボディーながらも、広視野角の光学ズームファインダー、シーンに合わせて3つの撮像方式に切り替えられる2/3型1200万画素EXR CMOSセンサーを搭載している。

ズームリングでクイック起動も

   ボディー天面と底面には、軽くて強度の高いマグネシウムダイキャストを採用し、手にしたときの質感にもこだわった。電源スイッチと連動したズームリングを回せば、約0.6秒でクイック起動できる。

   こうした機能に加え、シャッター音や手に伝わるクリックの触感など、細部へのこだわりが高く評価され、「2011年度グッドデザイン賞」を受賞している。

   想定価格は7万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中