2018年 7月 20日 (金)

野菜の鮮度を長持ちさせる冷凍冷蔵庫

印刷

   東芝ホームアプライアンスは、業界初の「モイスチャーキープシステム」によって、野菜の鮮度保持能力を約2.3倍向上させる「うるおい補給野菜室」を搭載した冷凍冷蔵庫「VEGETA」(ベジータ)シリーズを、2011年11月上旬に発売する。

水分多い白菜の冷凍もOK

「うるおい補給野菜室」で、新鮮な野菜が長持ち
「うるおい補給野菜室」で、新鮮な野菜が長持ち

   新たに採用した「うるおい補給野菜室」は、モイスチャーキープシステムの搭載で、冷気を野菜に直接当てない間接冷却と、野菜の水分を閉じ込める密閉構造を実現。さらに、野菜見張りセンサーが扉の開閉や収納量の変化による湿度低下を検知し、湿度約100%のうるおい冷気とピコイオンの放出を制御して野菜の鮮度を保つ。

   また、下ゆでなしに生野菜を冷凍できる「野菜そのまま冷凍」は、熱を伝わりにくくした「新・野菜そのまま冷凍プレート」を採用したことで、新たに水分の多い白菜などの冷凍を可能にした。

節電モード 新たに採用

   従来のエコモード制御からさらに約10%節電できる「節電モード」を新たに採用したことや、気温が高い場合でも高効率運転できる「W(ワイドレンジ)‐ツイン冷却方式」、高性能真空断熱材の採用、コンプレッサーの制御変更、新採用の高効率放熱器などによって省エネ性能を向上した。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中