「神様がサイコロ遊び」?? アインシュタインが遺した言葉の真の意味

印刷
「アインシュタイン 希望の言葉」
「アインシュタイン 希望の言葉」

   ワニ・プラスより、2011年10月15日、「アインシュタイン 希望の言葉」(翻訳・志村史夫)が発売された。

   雑誌「Time」が、「20世紀を代表する人物」の筆頭にも選んだ、世界一有名な科学者・アインシュタインは、科学のみならず、愛、教育、芸術、宗教などあらゆる分野・領域で、ウィットに富んだ味わい深い言葉を残しており、訳書も多く出版されている。しかし、物理学の知識が無ければ、本当の意味は通じない名言もあり、適訳とは言い難い本が多くあるという。

   例えば、「神が森羅万象とサイコロ遊びをすることなど、私にはとても信じられません」という言葉は、量子物理学とアインシュタインの思想に関する知識がなければ、本当の意味が分からない。

   訳者の志村史夫氏は、日本とアメリカで長く半導体結晶の研究に従事していた物理学者。アインシュタインの熱烈なファンでもあり「アインシュタイン丸かじり」(新潮社)の著作もある志村氏は、そのような翻訳の難しい名言も平易に解説する。

   本書では、日本語訳・英文テキスト・解説の順で、1ページに1つの名言が紹介されていて、アインシュタインのファンだけでなく、英語や物理の勉強をする受験生にもお勧めだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中