2018年 7月 20日 (金)

130年の技術力詰まったソーラー時計

印刷
職人の丁寧な加工によるシンプルなるデザイン
職人の丁寧な加工によるシンプルなるデザイン

   セイコークロックは、「SEIKO SOLAR+」(セイコー ソーラープラス)シリーズで初めてとなる置時計を、2011年10月下旬に発売する。

   厚さ10ミリメートルのアクリルを、1つひとつ熟練した職人が手作業で加工し、シンプルながら温もりのあるデザインに仕上げた。省エネ設計の薄型ソーラー電波ムーブメントは、創業以来130年間培ってきた技術をいかし、従来の約2分の1である総厚8.5ミリメートルの薄さを実現している。

   明るい場所では光エネルギーだけで動き、光が足りない場所では補助電池がバックアップする安心設計。

   希望小売価格は、3万1500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中