2018年 7月 20日 (金)

ハロウィンは今年から「かぼちゃ」ではなく「チキン」です

印刷

   日本唐揚協会では、ハロウィンの定番として新たに「からあげ(チキン)」を提案する「ハロウィンチキンプロジェクト」を2011年秋から始動している。日本の家庭にはなじみの薄い「ハロウィン」を、季節の行事として定着させようというのが狙いだ。

笑顔で幸運をトリ込んじゃえ

かぼちゃはスイーツあたりにいかが?
かぼちゃはスイーツあたりにいかが?

   近年日本でも浸透が進んでいるハロウィンだが、一般の家庭では「ハロウィン=かぼちゃ」というイメージばかりが先行し、なかなかハロウィンの「定番料理」が定着しないのが現状だ。電通オペレーション開発による2010年の調査でも、「ハロウィンに何を作ればいいのかわからない」「かぼちゃの料理がわからない」といった声が少なくなかった。

   日本唐揚協会では、人がチキンを食べるときに口を大きく横に開き、自然に「スマイルフェイス」になることに着目。「1年の幸福を取り(鳥)込もう」をキャッチフレーズに、チキンをハロウィンの新定番として普及させることを目指す。

ローソン、CGCも賛同

   協会では、笑顔のかぼちゃとチキンを象ったロゴマークを製作。プロジェクトに賛同するローソン、シジシージャパンではこのロゴマークを店内や対象商品に展開し、消費者に「ハロウィンチキン」という楽しみ方を提案する。来年度以降も、引き続き活動を続けていくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中