2018年 7月 17日 (火)

マツダ新型クロスオーバーSUV「CX-5」

印刷

   マツダは2011年10月25日、2012年春発売予定の新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」から順次、日本市場にクリーンディーゼル車を投入すると発表した。

新世代2.2Lクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」

新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」
新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」

   同車に搭載される新世代2.2Lクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2(スカイアクティブ ディー 2.2)」は、これまでクリーンディーゼル車の普及を阻害していた高価なNOx後処理装置を使用していない。「ポスト新長期規制」に適合できる、世界初の乗用車用エンジンだという。

   また、乗用車として日本市場では初めて、クリーンディーゼルエンジンとアイドリングストップシステムの組み合わせを実現した。4.0L・V6ガソリンエンジン車をしのぐ最大トルク420Nm、かつSVUの中でもトップの低燃費を実現した18.6km/L(JCO8モード/2WD/AT車)が魅力となっている。

   ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」と組み合わせる、独自のアイドリングストップシステム「i-stop(アイストップ)」は、ディーゼル用に開発し直したもの。ピストンを再始動しやすい位置に停止させ、1圧縮目から燃焼を開始する仕組みで、0.40秒以内で再始動させる。スムーズで違和感の無い使い心地、優れた燃費改善効果が両立した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中