代々木競技場で復興支援イベント 「いきものがかり」が新曲初披露

印刷
新曲含めて計6曲を披露した「いきものがかり」
新曲含めて計6曲を披露した「いきものがかり」

   日本レコード協会など音楽関係の5団体が主催する「東日本大震災復興祭2011」が2011年10月29日、東京・代々木の国立代々木競技場などで開幕した。「音楽・お笑い・食」をキーワードに、競技場周辺で東日本の食材を活用した屋台を展開。ライブハウスのSHIBUYA-AXではお笑いライブも行われている。

   第1体育館で行われたコンサートでは、トップバッターとして「いきものがかり」が登場。新曲「歩いていこう」(11月23日発売)を公の場としては初めて披露し、ファンを魅了していた。

   イベントは30日まで。30日には、JAM Projectらによるアニメソングのコンサートや、SDN48のステージなどが行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中