コスプレで人気高い「武将」「幕末志士」キャラ

印刷

   『コスBON』Fantasy(音羽出版)が主催する日光江戸村で人気があるキャラクターは「薄桜鬼~新選組奇譚」がトップを占める。これは、2008年に発売された恋愛アドベンチャーゲームで、これを原作とするテレビアニメが放送されて以来人気を博している。

近藤勇の人気がイマイチ?

写真提供『コスBON』Fantasy
写真提供『コスBON』Fantasy

   主人公・蘭学医の娘の雪村千鶴は父・綱道を探しに男装をして京の町を訪れる。そこで新選組と出会い、幕末を駆け抜ける男達の闘いが繰り広げられる。なぜか近藤勇の人気がイマイチで、土方歳三を中心に人気が高く、沖田総司、斉藤一、藤堂平助、原田左之助などを「合わせ」をするコスプレイヤーが多い。日光江戸村を訪れるレイヤーは、「薄桜鬼」で写真集を作るために、何度も訪れているレイヤーも多い。

   「薄桜鬼」双璧は「銀魂」。『週刊少年ジャンプ』で2004年から連載中の「銀魂」は2011年7月時点で累計3600万部以上発行、テレビアニメで2006年4月から放送されレイヤーに注目をされている。江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人が襲来し、地球人と天人との攘夷戦争が勃発。天人の襲来から20年後に侍魂を持った坂田銀時が現れて、ドラマは展開する。

『忍たま乱太郎』の人気急上昇

   そして最近人気が上がっているのが『忍たま乱太郎』。尼子騒兵衛の忍者ギャグ漫画『落第忍者乱太郎』を原作とするテレビアニメで略称は「忍たま」。93年4月10日からNHKで放送され、原作題名の「落第」を「忍者のたまご」と略して「忍たま」に変更された。ときは戦国時代。忍術学園『忍たま』に通う乱太郎たちは、授業も試験もドジばかりというストーリー。

   これら三つの人気作品は、衣装を売っているためにレイヤーが参加しやすい下地があった。しかし人気のある『戦国バサラ」は、大掛かりな衣装のためにどうしても人数が少ない。『戦国BASARA』はアクションゲームから発し、アニメ化、映画化されてから多くのレイヤーを虜にしている。伊達政宗、真田幸村、長曾我部元親、毛利元就、本多忠勝、徳川家康、前田慶次といった戦国武将のレイヤー間人気が高い。

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィール】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身 (光文社)記者として記者生活のスタート、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテインメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がんと闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中