2018年 5月 24日 (木)

彼女に送る? アヴェダ限定「ホリデーギフト」でネパールも支援

印刷

   「アヴェダ」というブランドを知っているだろうか。なんと、製品の生産を「100%風力発電」で実現した、化粧品会社で初めての企業なのだそうで、製品パッケージの8~10割を「再生(PCR)素材」を使っているなど、1978年の創設以来、環境保全活動に取り組んでもいる。

2002年からネパールに根付いた支援活動を実施

「ホリデーギフト2011」は、ネパール支援・震災支援に役立てられる
「ホリデーギフト2011」は、ネパール支援・震災支援に役立てられる

   さらに製品の植物原料についても、約9割が化学肥料・農薬を使わず、遺伝子組み換えもないオーガニック認定を受けたもの。年末年始のギフトシーズンに向け、2011年10月27日に発売された「ホリデーギフト2011」は、そうしたオーガニック原料を使ったスキンケア、ヘアケア、ボディーケアなどの製品が7つのセットになっている。

   ホリデーギフト2011では製品のみならず、パッケージにまでこだわっている。ロクタという木の皮から、手すきで生産される「ロクタ紙」を使用。これはネパールの伝統産業であるが、かつて需要の高まりによって、ロクタは過度の伐採が問題となったそう。この回復を支援したのがアヴェダだった。2002年からネパールのNGO・地元企業らとパートナーシップを結び、雇用創出や森林保全、フェアトレードによる生活改善、発電機の提供など、ネパールに根付いた支援活動を継続して行っているという。

   加えて、今回のホリデーギフト2011には、7つのセットすべてに「風で織るタオル」が付いている。これは100%風力発電で織られた、オーガニックコットンのタオル。このギフトセットの売り上げは、前述のネパール支援に役立てられるだけでなく、NGO団体を通じて東日本大震災の被災地支援活動にも活用されるそうだ。

   価格は5775円から。アヴェダ・ショップや、全国のアヴェダ・サロンで販売中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中