「悲しみの森」と「癒しの森」を歩いたら・・・

印刷

   山梨県大月市では、「悲しみの森・癒しの森トレッキングツアー」を2011年11月5日と6日に笹子町滝子沢で開催した。

社会問題を共有

「森林の再生を共に考えていきたい」
「森林の再生を共に考えていきたい」

   地元林業関係者をガイドに、「荒廃林(悲しみの森)」と「手の入った森(癒しの森)」の対比から、林業における社会問題を共有してもらうためのツアーで、滝子沢作業道をトレッキング。

   癒しの森体験ではハンモックやヨガ体験を行い、昼食では「昔ながらの林業めし」を食した。また、地元林業者による間伐体験、笹子町住民とのふれあい交流会なども実施した。

   2011年は国連の国際森林年にもなっており、各地で森林への認識を高めるようなイベントが行われている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中