2018年 7月 20日 (金)

「悲しみの森」と「癒しの森」を歩いたら・・・

印刷

   山梨県大月市では、「悲しみの森・癒しの森トレッキングツアー」を2011年11月5日と6日に笹子町滝子沢で開催した。

社会問題を共有

「森林の再生を共に考えていきたい」
「森林の再生を共に考えていきたい」

   地元林業関係者をガイドに、「荒廃林(悲しみの森)」と「手の入った森(癒しの森)」の対比から、林業における社会問題を共有してもらうためのツアーで、滝子沢作業道をトレッキング。

   癒しの森体験ではハンモックやヨガ体験を行い、昼食では「昔ながらの林業めし」を食した。また、地元林業者による間伐体験、笹子町住民とのふれあい交流会なども実施した。

   2011年は国連の国際森林年にもなっており、各地で森林への認識を高めるようなイベントが行われている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中