知らないと損する 大震災きっかけに変わった「マイホーム選び」の基準

印刷
『マイホームはこうして選びなさい』
『マイホームはこうして選びなさい』

   ダイヤモンド社から発売されている新刊本『マイホームはこうして選びなさい』(著・長嶋修、さくら事務所)が好評だ。

   同書は、新築マンション、新築戸建てといった選択肢に応じ、重要で実践的なポイントを順序だてて紹介するとともに、特に大震災後、大きく変わったマイホーム選びの基準や、建物の耐震性や地盤などのポイントを詳しく解説している。「耐震等級」の最新事情や耐震補強における補助金のこと、さらには、モデルルーム見学者の大部分が「設計図書」チェックを忘れている点、持ち家を早く高く売る「11の法則」といった重要な部分にも言及し、わかりやすく説明した。

   現在、マンションや一戸建て購入を考えている人、または、近い将来に購入を考えている人はもちろんだが、それらに該当しない人々にとっても「知っていて得する情報」が満載だ。

   単行本(ソフトカバー)、320ページ。定価1500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中