文庫化なる!2006年世界で最も読まれた恋愛小説

印刷

   ソフトバンククリエイティブは2011年9月22日、ソフトバンク文庫から『親愛なるきみへ』(著ニコラス・スパークス、訳・雨沢泰)を発売した。

誇りと高潔さを持つ人間を描きたかった

『親愛なるきみへ』
『親愛なるきみへ』

   同書は、全国ロードショー中の同名映画の原作『きみを想う夜空に』改題して文庫化したもの。海辺で出会ったサヴァナとジョンの悲恋を描いたもので、2006年世界でもっとも読まれた恋愛小説だといわれている。

   米軍人であるジョンは、愛するサヴァナを残して任地へと赴く。それでも、絆を信じて手紙で心を通わせようと努めるが、ある事件をきっかけに、ふたりの運命には大きな変化が・・・。

   著者のニコラス・スパークス氏は巻末にこうしたためている。

「この小説を書くのは喜びでもあり難問でもあった。喜びとは、軍隊に入って任務を果たす、誇りと高潔さを持つ人間を描きたかったからであり、難問とは・・・そう、真正直に言えば、どの小説も書くのがむずかしいからだ」

   492ページ。定価819円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中