大宮エリー、電通退職理由は「ホワイトボードへの行き先記入が嫌いだったから」

印刷

   阪急コミュニケーションズから発売されている『彼女が会社を辞めた理由 夢を叶えた「元会社員」13人の物語』(著・影山惠子)が話題だ。

大胆な転身を遂げた13人の女性を取材

『彼女が会社を辞めた理由 夢を叶えた「元会社員」13人の物語』
『彼女が会社を辞めた理由 夢を叶えた「元会社員」13人の物語』

   転職が当たり前の時代だが、会社を辞めることは当然リスクがつきまとう。別の会社に転職するのならともかく、フリーや独立となればなおさらだ。今回紹介する『彼女が会社を辞めた理由 夢を叶えた「元会社員」13人の物語』では、勤めていた会社を辞め、大胆な転身を遂げた13人の女性を取材し、心に響く体験談の数々を紹介している。

   取り上げたのは、脚本家の大宮エリーさん、ランナーの谷川真理さん、タレントのSHEILAさん、女優の西方凌さん、調香師の新間美也さんら。

   ちなみに、1番目に登場する大宮エリーさんは元電通社員。クライアント中心の制約がある中で仕事に対する違和感を持ち続け、結局、退職したが、現在は、脚本や演出、執筆活動にラジオのパーソナリティーなど多方面で大活躍している。そんな大宮さんは、会社を辞める理由など些細(ささい)なものでかまわないとし、自身は、ホワイトボードに行き先を記入することや、出張手続きが嫌いだったことを挙げている。

   単行本(ソフトカバー)、320ページ。定価1575円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中