ノイズ低減処理で高画質化実現、キヤノンの新デジカメ

印刷

   キヤノンは、デジタルカメラの新製品「PowerShot S100」を、12月上旬に発売する。店頭予想価格は、5万5000円前後。

従来機種から画質や性能が向上

「PowerShot S100」ブラック
「PowerShot S100」ブラック

   「PowerShot S100」は、開放絞り値F2.0(広角端)はそのままに、広角化と高倍率化を図った新設計の光学5倍ズームレンズ(24-120mm相当/F2.0- F5.9)を搭載。また、新開発の高感度時にもノイズの発生が少ないキヤノン製CMOSセンサーを採用している。

   さらに、ノイズ低減処理の新しいアルゴリズムや、さらなる高画質化・高性能化を図った最新の映像エンジン「DIGIC 5」を搭載し、高感度なイメージセンサーと映像エンジンを組み合わせた「HS SYSTEM」は、従来機種と比べてノイズの発生レベルを約1/4に抑えるとともに、さらなる高感度化を実現。常用感度をISO6400まで高め、暗いシーンでもより一段と美しい写真を撮ることができる。「マルチエリアホワイトバランス」により、ストロボ光下や水銀灯の混ざった光源下でも適切なホワイトバランスでの撮影も可能。

GPS機能搭載で撮影地点の位置情報を記録

   撮影した画像に、撮影地点の位置情報(緯度・経度)を自動的に記録する機能を搭載。また、一定間隔で自動的に測位を行う「ロガー機能」も備えていて、付属のソフトウエアとインターネット上の地図情報とを組み合わせて、撮影地点や移動行程を簡単に確認することができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中