「着衣のマハ」など、ゴヤ展の魅力伝えるアプリ

印刷

   読売新聞社と大日本印刷はiPadおよびAndroidタブレット端末向けの展覧会公式アプリ「ゴヤ展eガイドブック」を2011年11月30日まで販売している。価格は800円。

40年ぶりに来日した「着衣のマハ」も

着衣のマハの画面
着衣のマハの画面

   「ゴヤ展eガイドブック」は2011年10月22日に国立西洋美術館(東京・台東区)で開幕した展覧会「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」の魅力を存分に伝えてくれるアプリ。40年ぶりに来日した「着衣のマハ」をはじめ、本展出品作品の中から厳選された30点を高精細画像で紹介する。

   また、ズーム機能もあるので隅々まで鮮明な画像で作品を鑑賞することも可能だ。

   電子版ならではの展示会場の様子が360度見られる「ぐるりと展示室」や詳細な作品解説があるので鑑賞前の予習にもなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中