「コンコン指標」でまわりのウイルス状況教えます

印刷

   デザインファクトリー(東京・千代田区)と原田産業(大阪市)は、気温と湿度から周囲の環境が及ぼす危険性を知らせる「携帯型コンコン指標計 見守りっち」を2011年11月25日に発売する。

ウイルスの生存率を指標化する「コンコン指数」

インフルエンザや風邪の予防意識を高めよう
インフルエンザや風邪の予防意識を高めよう

   空気の乾燥が肌に与える影響度を算出した「携帯型うるおい指標計 見守りっち」に続く秋・冬シリーズ商品だ。

   一般財団法人・日本気象協会が気温と湿度によりウイルスの生存率を指標化した「コンコン指数」に基づき、環境が及ぼす危険性を5段階のLEDライトとブザーで知らせるようになっている。

   ブザーは5段階表示のうちの「警戒」「危険」の時にそれぞれ異なるパターンで鳴る仕組みで、30分おきに自動で計測してくれる「見守り機能」も備えている。ブザーが鳴ったら、うがいや手洗いで予防をはかることが薦められている。屋外でも持ち運びしやすいコンパクトサイズだ。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中