人気家庭用プロジェクターに新色

印刷

   ソニーは、家庭用ビデオプロジェクター『VPL-HW30ES』の新色ホワイトを2011年11月24日に発売する。

独自のランプ制御技術採用

『VPL-HW30ES』の新色ホワイト
『VPL-HW30ES』の新色ホワイト

   2011年7月に発売して以来好評の家庭用ビデオプロジェクター『VPL-HW30ES』は、独自のランプ制御技術採用で、明るくくっきりした3D映像を実現している。そして今回、従来のブラックに加えホワイトを発売することで、プロジェクターを設置する部屋の、さまざまなインテリアに対応することが可能となった。

高画質な3D映像表示を実現

   解像度・コントラスト・応答速度に優れるソニー独自のハイフレームレート対応フルHD反射型液晶ディスプレイデバイス「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」により、高画質な3D映像の表示が実現した。また、2D、3Dそれぞれ専用の画質モードを搭載しており、合計9つの画質モードから最適な設定を選択することが可能だ。

   価格はオープン価格。ただし、市場推定価格は37万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中