地元ラーメン店監修!ローソン、地域限定「つけ麺」11種類を同時発売

印刷

   ローソンでは、北海道から鹿児島までの有名ラーメン店が監修した「つけ麺」11種類を、それぞれの地元限定で2011年11月22日に一斉発売した。

地元の名店の味に触れよう

うちの地元の「つけ麺」は……?
うちの地元の「つけ麺」は……?

   関東から始まり、今や全国区の人気となった「つけ麺」。ローソンでは今回、各地の有名ラーメン店11店舗に監修を求め、地域ごとに異なったつけ麺を発売する。

   たとえば関東甲信越・沖縄地区では東京の「らぁめん葉月」による「中華つけめん」(540円)、東海では「東海四天王」の異名を取る4店が共同監修する「東海つけめん」(498円)、近畿地区では大阪「時屋」の「つけ麺(あつもり)」(498円)をそれぞれ発売。地元が誇る名店の味を、気軽に楽しむことができる。

   また東日本・西日本のエリアごとに、各商品の販売数を集計。両地域で1位を獲得した商品を、2011年12月20日から全国で発売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中