「うまい棒」合体して食べるおかしな玩具?

印刷

   タカラトミーアーツは2011年12月3日、やおきん(東京・墨田区)が販売するスナック菓子「うまい棒」をスライスしてスティック状にできる玩具「おかしなうまい棒スティックパーティー」を発売する。

うまい棒がスティック状に!

こんな感じで「うまい棒」を軽く押し出す!(C)やおきん
こんな感じで「うまい棒」を軽く押し出す!(C)やおきん

   新商品は、人気のスナック菓子「うまい棒」を"スライスするだけ"で、サクサクのスティックにできるというもの。「うまい棒」を本体にセットして軽く押し出すと、スライサー(プラスチック製の刃)が、スナック菓子を縦に裂き、スティック状にする仕組みだ。スライサーには、4等分用、6等分用、8等分用の3タイプがある。スティックの太さを変えることで、違った食感を楽しめる。

   また、らせん状に2等分される「スパイラルスライサー」というパーツも付属する。これを使うと、2等分された異なる味の「うまい棒」を組み合わせて、「合体食べ」をすることも可能。好きな味を組み合わせて、オリジナル「うまい棒」を作ってみてはどうか?

おかしなシリーズは累計40万個販売

写真左から、コーンポタージュカラー、チーズカラー、めんたいカラー(C)やおきん
写真左から、コーンポタージュカラー、チーズカラー、めんたいカラー(C)やおきん

   全3種(4スライサー&スパイラルスライサー(めんたいカラー)/6スライサー&スパイラルスライサー(チーズカラー)/8スライサー&スパイラルスライサー(コーンポタージュカラー)。価格は699円。

   なお、同社では「誰もが知っている身近な食べものを、『簡単ワンアクション』でより楽しく美味(おい)しくアレンジしよう」というコンセプトで、「おかしなシリーズ」を展開。これまでには、お菓子をフリカケにできる「おかしなフリカケ」(11年3月)や、アイスキャンディー「ガリガリ君」(赤城乳業)をカキ氷にできる「おかしなカキ氷ガリガリ君」(11年6月)を販売し、シリーズ累計40万個を売り上げたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中