コーヒー×抹茶、ただ混ぜたわけじゃない―「ジョージアクロス」が生む新しい風

印刷

   「コーヒー」と「抹茶」の融合――ありそうでなかった新しい缶コーヒー「ジョージアクロス 和-STYLE」(2011年11月14日発売)が話題を呼んでいる。コーヒーの味わいに宇治抹茶が薫るインパクト満点のユニークな製品だが、その狙いはどこにあるのか。

これまでの「ちょい足し」とはちょっと違う

「ジョージア」グループのシニアマネジャーを務める島岡芳和氏
「ジョージア」グループのシニアマネジャーを務める島岡芳和氏

   近年、既存の製品同士を掛け合わせることで、新たな価値を生み出した製品が相次いでヒットを飛ばしている。テレビなどでも話題の「ちょい足し」もその一例だ。

   その中でも「ジョージアクロス」はちょっと違う「掛け合わせ」製品だ。日本コカ・コーラで「ジョージア」グループのシニアマネジャーを務める島岡芳和氏は、「モノとして掛け合わせるのは、いろんなモノでできると思いますが、それを組み合わせることで新しい体験をしてもらうということをブランドのメッセージとして込めているのは、『ジョージアクロス』だけだと思います」と、単に2つのモノを「掛け合わせた」のに留まらない意義を強調する。

   「掛け合わせたことによる物理的な訴求ではなく、その体験によって自分の新しい発見であったり、自分なりの価値を提供していく」――それが「ジョージアクロス」からのメッセージだ。

高齢化進む缶コーヒー市場に変化を

話題を呼んでいる「ジョージアクロス 和-STYLE」
話題を呼んでいる「ジョージアクロス 和-STYLE」

   同時に「ジョージアクロス」には、「積極的に新しい価値開発へチャレンジしていく」というジョージアの決意が込められている。

   缶コーヒー市場では近年、消費者の高齢化が少しずつ進んでいる。若者の心をつかむためには、従来の「ジョージア」の枠に留まらない「新しい顔」が必要だ。「コーヒー×抹茶」という意外な試みは、そうした問題意識から生まれた。「新しい味わい」だけにネット上、たとえばTwitterやFacebookでも賛否含めさまざまな反響が起こっているが、島岡氏は、「『好き』の反対は無関心だと考えています。『嫌い』という反応も、(商品に)気づいて試してもらえたからこそ」と前向きに受け止める。

   今後、店頭や自動販売機など、さらに販売は拡大していくとのことで、島岡氏は、

「『ジョージアクロス』で、缶コーヒーナンバーワンブランドとしてのジョージアの新しい顔をわかっていただけたらと思っております。今後、第2弾・第3弾を考えていく中で、新しい挑戦を続けていきたいと思っておりますので、ぜひ期待していただきたいと思います」

と意欲をみなぎらせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中