イーストウッドの息子、ブルーノート東京に登場

印刷

   ブルーノート東京では、クリント・イーストウッドを父に持つベーシスト、カイル・イーストウッドが2011年12月10日~12月12日まで登場する。

ゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞にノミネート

カイル・イーストウッド
カイル・イーストウッド

   カイル・イーストウッドは、高い音楽性とスタイリッシュなルックスを併せ持つ人気ベーシストで、父親はアメリカを代表する名優・名監督、そしてジャズ・ファンとしても高名なクリント・イーストウッド。1998年にメジャー・デビューを果たし、ソロ活動を継続する一方で父親の映画に作品を提供している。2008年には『グラン・トリノ』の音楽がゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞にノミネートされた。

   ニュー・アルバム『ソングス・フロム・ザ・シャトー』がシャトー・クロノーで録音されたことにちなんで、今回の公演では、シャトー・クロノーのグラスワイン、今が旬のチーズ「モンドール」&ドライフルーツ、サイン入りCDとミュージックチャージがセットになったスペシャルプランが用意されている。

   スペシャルプランの価格は9450円(サービス料別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中