「タンタンの冒険」原作も人気上昇 スピルバーグ魅了した世界観に注目

印刷

   スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作映画「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」が2011年12月1日に公開されたことを受け、原作漫画「タンタンの冒険」シリーズにも注目が集まっている。

原作では月にも冒険の旅

福音館書店から発売中のオリジナルコミック(全24巻)
福音館書店から発売中のオリジナルコミック(全24巻)

   原作の作者はベルギー人のエルジェで、1929年から半世紀以上にわたってベルギーの新聞・雑誌で連載された。少年記者・タンタンと相棒の犬・スノーウィはチベットから南米、さらには月世界まで足を伸ばすという大冒険記で、今なお世代、年齢、そして国境を越えて多くのファンがいる。

   日本では福音館書店から全24巻のハードカバー版が発売されており、累計販売部数は107万部を超える。映画化を記念して2011年4月に発売された日本訳のペーパーバック版も、26万部と好調な売れ行きだ。

映画化はスピルバーグ「28年越しの夢」

   スピルバーグ監督もその世界観に魅了された一人だ。原作に出会ったのは28年も前。自分の子どもに読み聞かせるなど、根っからの「タンタン」ファンだ。今回の映画版では原作の「なぞのユニコーン号」を中心に、「金のはさみのカニ」「レッド・ラッカムの宝」のストーリーを描いているが、それ以外でも、他の巻に登場する人気キャラクターやモチーフを多数盛り込んでおり、原作を読んでいれば「10倍楽しめる」内容となっている。

   原作漫画はハードカバー版が1680円、ペーパーバック版が735円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中