2018年 7月 17日 (火)

小学一年生とコラボした「かきかたえんぴつ」

印刷
「小学一年生」の読者ニーズをモノづくりに生かした
「小学一年生」の読者ニーズをモノづくりに生かした

   トンボ鉛筆は、小学館の「小学一年生」編集室と協同で企画した2012年春向けの入学文具「かきかたえんぴつ」を、2011年12月中旬から発売する。

   発売するのはippo!「小学一年生かきかたえんぴつ」で、六角鉛筆と三角鉛筆。「小学一年生」編集室がリサーチした「読み書き」に関する読者ニーズを、モノづくりに生かした。

   販売単位は1ダース(12本)。黒しん鉛筆11本と、入学時に必要な筆記具のひとつである赤鉛筆1本をセットした。鉛筆の長さを15ミリ短くして、からだの小さい一年生にふさわしい鉛筆に仕上げた。

   鉛筆軸は、無地柄3種類、プリント柄2種類、木の質感を生かしたナチュラル柄1種類の計6種類。ポップな色と柄でやる気を引き出し、学習への集中を邪魔しない。

   芯の濃度は濃いめのBと2Bの2種類。赤鉛筆は独自の「丸つけ用赤えんぴつ」で、一般的な朱色よりくっきり発色する。

   希望小売価格はすべて630円。販売は全国文具店や量販店などで、発売は各販売店の「新入学フェア」がスタートする12月中下旬からになる見込み。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中