2018年 5月 22日 (火)

ガソリン車トップの低燃費 スズキ「アルト エコ」

印刷

   スズキは、軽乗用車「アルト」から、新機種「アルト エコ」を、2011年12月13日に発売する。

新世代R06A型エンジンを採用

写真はリーフホワイト
写真はリーフホワイト

   「アルト エコ」は、アルトの機能や装備、使い勝手はそのままに、スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げ、ガソリン車トップとなる30.2km/Lを達成したアルトの新機種だ。

   動力性能と燃費性能を高次元で両立させた新世代R06A型エンジンを採用。エンジン・副変速機構付CVTの各パーツを見直し、フリクション(摩擦抵抗)低減を施し、パワートレイン全体で燃費性能を向上させた。

   また、停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止する新アイドリングストップシステムを採用。アイドリングストップ中でもハンドル操作をすることで再始動を可能にし、使い勝手をさらに高めた。

車体の軽量化と走行抵抗の低減

   車高を15mm下げ、形状を変更したフロントバンパーを採用。空気抵抗を低減させ、あらゆる部品を見直し、車体の軽量化と走行抵抗の低減を進め、アルトの標準車に対して30%以上の燃費向上を実現した。

   カラーは、リーフホワイト・エアブルーメタリック・マルーンブラウンパール・ミルクティーベージュメタリック・シルキーシルバーメタリック・ブルーイッシュブラックパールの6色。

   価格は、「アルト ECO-L」が89万5000円、セキュリティーアラームシステムなどが付いた「アルト ECO-S」が99万5000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中