クリムト生誕150周年、「接吻」の巨大フォトモザイク画お目見え

印刷

   ウィーンが生んだ画家グスタフ・クリムト(1862~1918年)の代表作「接吻」を再現した巨大モザイク画が、東京・港区のアークヒルズに2011年12月9日登場した。ピースに使われているのは、多数の「キス」写真だ。

2012年はクリムト・イヤー

4.5m×4.5mの巨大「接吻」が完成
4.5m×4.5mの巨大「接吻」が完成

   黄金にして絢爛(けんらん)、官能的な人物画で知られるクリムトは、2012年で生誕150周年を迎える。ウィーンはこの年を「クリムト・イヤー」として、クリムトがその生涯を過ごした「芸術の都」への旅をPRしている。

   今回の「Kiss Photo Art Project」はその一環として、ウィーン市観光局とオーストリア航空が共同して実施したものだ。日本全国から大切な人との「キスフォト」を募集し、その写真をピースにモザイクアートとして名画「接吻」を再現した。完成した「接吻」はピース数3万、4.5m×4.5mという巨大さだ。

   モザイク画「接吻」は、アークヒルズのアーク・カラヤン広場 滝横に2012年1 月末まで展示されるほか、特設WEBサイト(http://www.austrian.com/Info/AustrianIn/Klimt2012)でも鑑賞することができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中