2018年 7月 21日 (土)

「ウインカー連動」で事故防止

印刷

   三菱電機は、車両用後方確認カメラシステム「カービジョン」シリーズから、6.1型LCDカラーモニター「CM-6000」を、2011年12月22日に発売する。希望小売価格は、4万8000円(税抜)。

高輝度・広視野角のワイド液晶パネル

「CM-6000」
「CM-6000」

   「CM-6000」は、従来比1.4倍の高輝度で外光の眩しい昼間でもくっきり表示するワイド液晶パネルを採用し、左右75度の広視野角で、バック走行など運転姿勢や視線が変わっても画面をはっきり確認できる。

   カメラは3台まで接続でき、切り替えて表示することで、後方確認に加えて左折巻き込み防止や車内・庫内の状況確認にも対応している。また、左折時にはウインカーと連動して、カメラ映像が自動で切り替わるので、左折巻き込み防止に役立ち、バックギアと連動して障害物までの距離マークも自動表示されるので後方確認がしやすい。

   モニターには、長寿命LEDバックライトを採用し、従来比2.5倍の5万時間の長寿命を実現した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中