2019年 1月 20日 (日)

武田邦彦、小出裕章…「震災文化人」を疑え!デマ・陰謀論を16日昼J-CAST番組で徹底検証

印刷

   文芸社は2011年11月18日、『検証 大震災の予言・陰謀論 "震災文化人たち"の情報は正しいか』(ASIOS、アンドリュー・ウォールナー著、256ページ、定価1470円)を発売した。

震災後に溢れた「陰謀論」の数々を調査

『検証 大震災の予言・陰謀論 
『検証 大震災の予言・陰謀論 "震災文化人たち"の情報は正しいか』

   3月11日の東日本大震災発生以来、デマや陰謀論など数々の怪しい情報が飛び交ったことは記憶に新しい。震災は地震兵器「HAARP」による攻撃だ、ヒマワリが放射能を消す、震災を予言した人物がいた……など、いちいち挙げればキリがない。

   本著は「超常現象の懐疑的調査のための会」、通称ASIOS(アシオス)のメンバーである寺薗淳也氏、ナカイサヤカ氏、長澤裕氏、原田実氏、本条達也氏、皆神龍太郎氏、山本弘氏、横山雅司氏らが、こうした「予言」や「陰謀論」の数々を検証したものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中