60年に1度の今年、記念モデル

印刷

   プラチナ万年筆は、来年の干支(えと)である「龍」を描いた「壬辰 暗輝黒龍」蒔絵(まきえ)万年筆を平成23年12月15日から発売している。

十干十二支(じっかんじゅうにし)

海外限定150本,国内限定150本
海外限定150本,国内限定150本

   テーマになっている十干十二支(じっかんじゅうにし)とは、12年に1度巡ってくるものを動物に当てはめて十二支とし、「木火土金水」の5種類の成分から生み出される物が基となる十干と組み合わせたもの。60年で1回りする。

   そして今年は中国古来から最も大切にされている9番目の龍である「壬辰」。長寿を意味している。

日本伝統工芸の「蒔絵」

   今回発売される万年筆は、日本伝統工芸の「蒔絵」で万年筆に龍を描いて作製したもの。つや消しの漆黒に浮かびあがる龍が軸とキャップ全体に表現され、漆を盛り上げて描かれているため光を受けるごとに立体的な龍がより一層存在感を増す。天に勢い良く昇って行くさまを黒い蒔絵で表現している。

   価格は7万3500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中