【Paris発】日本人ギャルより大和撫子的? フランスのロリータ少女たち

印刷

   毎年パリで開催される、ジャパンエキスポやマンガエキスポに行くと、コスプレ姿の若者の中にロリータと呼ばれる、フリルやリボンのついたふわふわのギャザースカートを着た女の子たちがいる。ヨーロッパのお姫様風にもかかわらず、このロリータファッションの発祥地は、なんと日本なのだ。

ロリータと日本は切っても切れない仲

日本のブランドで決めた妖精のような少女
日本のブランドで決めた妖精のような少女 モノクロ調はゴシック・ロリータ
モノクロ調はゴシック・ロリータ

   イラストレーターの今井キラさんの描くロリータ服を着た少女像は、フランスでもロリータ少女たちの間で「カワイイ!」と大評判。今井さんは、去年の8月、そして今年11月にも、パリで作品展示会とサイン会を開いたが、いずれも行列ができるほどの人気ぶりだ。

   今回のサイン会に来たファンの子たちに、ロリータに興味を持ったきっかけを尋ねてみると、「元々、私は日本が大好きで、仲良くなった日本好きの友達がロリータファッションをしていたから」、「日本のマンガが好きで、ジャパンエキスポに行って、そこでロリータの世界を発見しました」。また、中には、上手な日本語で今井さんに話しかけるフランス人ロリータ少女もいた。

   サイン会の主催スタッフも、「フランスのロリータ少女たちは、おしなべて、礼儀正しく、おとなしいです。今回のサイン会は、時間予約制にしたのですが、みんな時間どおりに来て、待っている間も騒いだりしない、フツーのフランスギャルよりも、ひょっとして日本人ギャルよりも大和撫子的かもしれません」。「ロリータ少女たちが、さよならの挨拶に胸の前で手を小さく振ってバイバイするのをよく見かけますが、これ、フランス人はやらない、日本式バイバイです」

と、どうやら日本とロリータは切っても切れない仲らしい。 

フランス男子はロリータがお気に召さない?

サイン会に列を作るロリータ少女たち
サイン会に列を作るロリータ少女たち

   さて、彼女たちの憧れのブランドといえば、アンジェリック・プリティ、ベイビー・ザ・スターズ・シャイン・ブライトなどの日本のロリータ服ブランド。双方ともパリに出店しているが、スカートが200ユーロ程度、ドレスは350ユーロ程度と、フランスの若者向けブランドに比べるとかなりお高め。アンジェリック・プリティ・パリの店員に尋ねてみると、「OLのお客もいますが、リセエンヌ達が、親御さんと一緒に来て、誕生日やクリスマス、成績があがった時のご褒美にとねだって買ってもらうパターンが多いですね」。へそ出し、胸開きのセクシールックよりはプリンセス系の方が安心、という親心も働くのかもしれない。

   一方、フランス男子はロリータルックをどう思っているのだろうか?そういえば、ロリータたちは女子同士二人、三人でつるんでいることが多く、ロリータファッションのカップルというのは見た記憶がない。今回のサイン会で珍しくBF連れのロリータがいた、しかし彼はGパンにダウンジャケットというフツーっぽいいでたち。彼女のロリータ趣向に関しては「僕はあまり好きじゃないよ。特にパリの街を歩くのには向かないね」、とお気に召さない様子。やはり、女子の世界なのかも。

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中