「食べづらさ」がキモ? 北海道スイーツの元祖「復刻」

印刷

   三星(北海道苫小牧市)は、同社が販売するロール菓子「よいとまけ」を発売当時のサイズ・仕様にした「よいとまけ【復刻版 切れていないタイプ】」を2012年1月9日に数量限定で発売する。

北海道民にはおなじみ

ジャムで手がベタベタしてしまうんだとか
ジャムで手がベタベタしてしまうんだとか

   ロールカステラにハスカップジャムをたっぷりと使ったスイーツ。昭和28年の発売以来「日本一食べづらい、けれど食べるとおいしい」と地元の人に長く親しまれている商品だ。現在は食べやすいよう7等分にカットされているが、「あの食べづらさが懐かしい」という声が相次ぎ、今回発売当時の1本ロールを再現した。

   価格は、1本550円。道内の直営店と新千歳空港2階「苫小牧観光協会」で購入できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中