知らなきゃ損!? 目からウロコの「お正月太り攻略法」

印刷

   フィットネス・エキスパートナー「ティップネス」は、2012年、「新・お正月の過ごし方マニュアル」を提案し、理想の体作りをナビゲートする。

急激な運動は体に逆効果

   正月には「気をつけていたのにやっぱり太ってしまった」と感じやすいが、そんな時には、散歩やストレッチのような軽い運動を少しずつ始めることがおすすめ。最初から運動の量は気にしないことが大切で、まずは習慣にすることが重要だ。

   しかし、普段運動をしていない人が急激に運動すると、筋肉や関節に大きな負担をかけ、変調をきたす可能性があるので、その前に自分のカラダが「正しく」動けているか見直すべきだが、個人差こそあれ、誰でも大抵は体のどこかしらにゆがみを抱えているもの。その体で運動をすると、どこかに無理な動きを強いることになり、けがのリスクが高まるだけでなく、不自然でバランスの悪い体が出来上がってしまうのだ。

「FMS」で機能的な体を手に入れる

機能的なカラダになるための「コレクティブ・エクササイズ」
機能的なカラダになるための「コレクティブ・エクササイズ」

   ティップネスでは、いつまでもスムーズに動けるカラダ=ファンクショナル(機能的)なカラダを、フィットネスの新基軸として提案。機能的なカラダとは、美しく、ラクに、不調なく、自由に動く体のことで、自分の体の機能を正しく評価しながら、最適なトレーニングを選択すると、やせているだけではない、美しく、機能的な体が手に入る。

   ティップネスで行っている「FMS(ファンクショナル・ムーブメント・スクリーン)」は、体が「正しく」動けているかどうかを見て、体の機能性を評価するテストだ。簡単な動きで体の機能が落ちているポイントを評価し、自分にとって必要なトレーニングを理解し、導入できる。

   日常生活からスポーツに至るまで、人間は「正しく動ける」ことが大切。健康で、いつまでも美しくあるためのトレーニングとしてチェックしておきたい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中