「仕事始め」の乾杯はノンアルコールビールの「オールフリー」で

印刷

   1年の仕事始めの「景気づけ」に、グイッと1杯。とはいえ、仕事中のアルコール飲料は敬遠されがちだった。そんなことで、2012年の仕事始めの1杯は、ノンアルコールビールで乾杯という会社は少なくないようだ。

   ここ、ショップ専用の電子マネー事業などを展開する「レピカ」もビールではなく、ノンアルコールビールで乾杯した。

アルコール・カロリー・糖質の3つのゼロで、ビール好きも満足

「仕事始め」の乾杯に、ノンアルコールビール(レピカにて)
「仕事始め」の乾杯に、ノンアルコールビール(レピカにて)

   1月5日は「仕事始め」の会社も多い。レピカもそんな会社の一つで、サントリーの「オールフリー モニターキャンペーン」に参加。午前10時30分過ぎ、岩井陽介社長の年頭あいさつや業務報告を終えると、さっそく乾杯した。

   アルコール度数ゼロのノンアルコールビールは、ビールを飲みたくても飲めずにいた妊婦やドライバーだけでなく、ビールが大好きな人にとっても、最近では日常的に場所や時間を選ばずにその味わいを楽しめるようになってきた。

   仕事始めの乾杯も、あいさつ回りに出かけた先で赤い顔をしていては少々気が引ける。車を運転することが多い営業担当者はなおさらだ。そんなことで、ノンアルコールビールは重宝されているようだ。

   サントリーの「オールフリー」は、アルコール・カロリー・糖質の3つのゼロと、ビール好きも満足するこだわりの味わいを両立して、ビールファンの支持を集めている。ノンアルコールビール市場の売上げは「ナンバー1※」で、さらなる需要の掘り起こしのため、また新年を元気に盛り上げるため、「ノンアルコールビールで乾杯を」を合言葉に、今回のキャンペーンを展開した。

   サントリー酒類ビール事業部「オールフリー」ブランドマネージャーの森美里さんは、「『オールフリー』は今まで飲めなかったシーンでも、ビールファンにも、何も気にせず、おいしいビール味を楽しんでいただけるよう開発しました。新年の仕事始めというシーンを通じて、オフィスやランチのときでも飲んでも大丈夫、という気付きを与えられればと、キャンペーンを企画しました」と話す。

市場が急拡大 2011年は1180万ケース

   キリンの「キリンフリー」やサントリーの「オールフリー」、アサヒ「ダブルゼロ」などのノンアルコールビールが登場して2年半。以来、市場はどんどん広がっている。

   サントリー酒類によると、2011年のノンアルコールビール市場は1180万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と、前年に比べて18%も増加した。

   この日、ノンアルコールビールで乾杯したレピカの「ビール党」の男性社員も、「最近のノンアルコールビールはふつうのビールと変わらないおいしさになった」と、うれしそう。

   女性社員も、「これまで(仕事始め)はジュースとお茶。ノンアルコールビールなら、ガンガンいけてテンションも上がります」と、笑顔で話す。

   「初めて飲んだ」という女性社員は「ふだん昼間は飲めないので、これならいいですね」と、満足そうだ。

※インテージMAI調べ ノンアルコールビールテイスト飲料 2010年8月~2011年7月累計販売金額(全国スーパーマーケット/CVS/酒DS計)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中