肉6割増し、すき家に牛丼「中盛」

印刷

   ゼンショーが展開する牛丼チェーン「すき家」は、2012年1 月10 日午前9時に牛丼「中盛(ちゅうもり)」を発売する。価格は、380円。

「おかず」を好む現代の食スタイルを意識

牛丼「中盛」
牛丼「中盛」

   牛丼「中盛」は、並盛の肉から肉が6割増しになっていて、「ご飯」よりも「おかず」を好む現代の食のスタイルに合わせた牛丼だ。牛丼「大盛」や「メガ」がおなかを「満腹」にするものであるとすると、牛丼「中盛」はたっぷりの肉で「満足」を提供するサイズになっている。

   すき家は1982 年の創業以来、牛丼本来の味を追求し続けるとともに、数多くのユニークなトッピングを生み出してきた一方で、牛丼並盛を中心に、牛丼ミニ、メガ牛丼など時代のニーズに合わせた、さまざまなサイズの商品を提供している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中