2018年 7月 18日 (水)

「水ほうき」にさらなる節水機能

印刷
「水ほうき水栓 エコシングルタイプ」は、水と湯を意識して使い分けられる
「水ほうき水栓 エコシングルタイプ」は、水と湯を意識して使い分けられる

   TOTOは、システムキッチン「CRASSO(クラッソ)」の「水ほうき水栓」をお湯の無駄使いを防ぎ、水と湯をしっかり使い分けるエコシングルタイプとして、2012年2月1日に発売する。

   「水ほうき水栓」は、当たった水が横に広がり汚れがサッと流せるので洗いものの時間を短縮、節水につながる。そのエコシングルタイプは、2011年12月に開催した「エコプロダクツ2011」で発表された「第8回エコプロダクツ大賞(エコプロダクツ部門)」の「環境大臣賞」を受賞した「エコシングル水栓」と同等の機能を搭載した商品で、水と湯の境に「カチッ」とした感触(クリック感)をつくり、水と湯を意識して使い分けられるようにした水栓金具。

   11年2月に発売した、シンプルでスマートなデザインの「ビルトイン形浄水器(自己発電タイプ)」も、品ぞろえする。

   写真は、「クラッソI型 基本プラン2550ミリ」のセットで、希望小売価格は79万4850円~(税込み/組立費別途)。なお、「水ほうき水栓(エコシングルタイプ)」の単品での販売はしていない。

   また、「クラッソ」の売れ筋の扉価格帯に、空間を明るく見せる新色12色を追加。さらに、従来ウォールキャビネットとフロアキャビネットを色違いでコーディネートができたが、これを同色系で柄違いの組み合わせが選べるなど、コーディネートの幅を広げた。

   同日から追加発売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中