OZONE「日本の木と共に暮らす」展 住まいにもトレーサビリティーを

印刷

   東京・新宿のリビングデザインセンターOZONEが、展覧会「日本の木と共に暮らす」を2012年2月16日~3月20日にかけて開催する。

どこのどんな木が使われている?

「日本の木」がある暮らしを考えよう
「日本の木」がある暮らしを考えよう

   近年「食」の分野で注目を集めるトレーサビリティー(追跡可能性)だが、「住まい」でもその重要さは変わらない。どこの森のどんな木がどのように加工され、生活の中で使われているのかを知ることは、環境とのつながりを意識する第一歩だ。

   この展示では日本の木について、樹種や用途、特徴、また産地の環境など背景も含めて紹介する。建材や木工家具の実物も展示し、木のある暮らしの魅力を実際に触れながら体験してもらう。

リフォーム市場が国産材に注目

   2月16日には町の工務店ネット代表・小池一三さんを講師にオープニングセミナーを実施し、都市のマンション改修事例を通じてリフォーム市場における国産材の可能性を解説する。また25日のトークショー「木で街に森をつくる」では「都市の暮らしにオアシスを」をテーマに、日本の森林の問題点や現状、生きた材による耐久性と安全性のある住まい作りを論じる。パネラーは、家具デザイナー・小田原健さん、奈良県十津川村の更谷慈禧村長、建築家の吉川泰司さんだ。

   ほかにも多数の連動セミナー・ワークショップが開催される。参加申し込みは公式サイトから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中