トトロが「はし置き」に!?

印刷

   ムービックは、「となりのトトロ」信楽焼シリーズから、はし置きを2012年2月上旬に発売する。

一つ一つ手作り

家族で使える
家族で使える

   江戸初期創業の窯元、滋賀県信楽町・明山窯(めいざんがま)で1点1点手作りしたはし置きで、使いやすさとトトロのかわいさを両立するためにスタジオジブリとムービック、明山窯担当者が試行錯誤を重ね、構想から形状が決まるまで3か月以上、色合いについても2か月かかったという。信楽焼ならではの自然な風合いを生かした仕上がりになっていて、一つ一つ形や表情、色合いが少しずつ異なる手作り感もポイントだ。

   お菓子のような焼き色とフォルムがかわいい大トトロ、落ち着いた青がきれいな中トトロ、ドングリの上にちょこんと乗った愛らしい小トトロ、サツキとめいが母親に届けたトウモロコシと一緒のマックロクロスケの4種類がある。

   価格は、大トトロ・中トトロが735円、小トトロ・マックロクロスケが683円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中