2018年 5月 23日 (水)

口に入れた瞬間に広がるコク 生チョコ「ピノ」でHappyバレンタイン

印刷

   森永乳業は、「ピノ 生チョコ仕立て」を2012年2月6日から全国のコンビニエンスストアにて数量限定で発売する。

口に入れた瞬間に広がる、本格派の味わい。

パッケージの色合いにも高級感が
パッケージの色合いにも高級感が

   一口タイプのアイス「ピノ」は1976年に発売され、「ピックをさして食べる」というスタイルを定着させた人気商品だ。

   この「ピノ 生チョコ仕立て」は、バレンタインの季節にあわせた特別仕立て。チョコレート・クリーム・エクアドル産カカオマスを使用したアイスクリームに、香ばしいカカオの風味が楽しめるセミスイートチョコのコーティングが施されており、口に入れた瞬間に、濃密でマイルドな生チョコの味わいと、ミルクのコクが広がる。

   価格は、120円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中