もう札幌の「裏番組」とは言わせない! 注目度急上昇「東北の雪まつり」

印刷

   札幌で毎年2月はじめに開催される雪と氷の祭典「札幌雪まつり」が近づいているが、北海道まで行かなくても北関東や東北にも魅力たっぷりの雪まつりはいくつもある。近隣には人気の温泉もあり、真冬の観光地として注目をあつめているのだ。

3メートルのかまくらなど、かまくら一色の景色は圧巻

ライトアップされた雪像と豪快な花火が絶妙のハーモニー
ライトアップされた雪像と豪快な花火が絶妙のハーモニー 小学校の校庭にもたくさんのかまくらが出現!
小学校の校庭にもたくさんのかまくらが出現!

   まず、青森では2012年2月3日から「十和田湖冬物語」が開催される(26日まで)。十和田市の十和田湖畔休屋を会場とするこのまつりは北東北最大級の雪まつりで、期間中は青森や秋田の地産品が味わえる「ゆきあかり横丁」をはじめ、「かまくらBAR」、「酒かま蔵」「雪の大型すべり台」などの施設がもうけられ、夜は冬花火も上がる。夜空と湖面を華やかに彩る花火は幻想的の一語に尽き、それを肴(さかな)に飲む名酒の味も格別だ。

   幻想的というなら、2月11日から始まる秋田の「横手雪まつり」(17日まで。13日は休み)も負けていない。400年以上の歴史があるこのまつりは、水神様を祀(まつ)る小正月行事で、雪国ならではの情緒を漂わせている。横手市役所前のかまくら広場を中心に市内各所につくられる高さ・幅それぞれ3メートルというかまくらの数は100個以上を数え、それに加えて各小学校の校庭にも30センチほどのものが約1万個姿を見せる。まさに「かまくら一色」に染まった光景は圧巻だ。かまくら以外にも、横手城や武家屋敷といった同地の歴史を感じさせる建物も目を楽しませてくれるだろう。

   雫石町の小岩井農場まきば園で開催される「岩手雪まつり」は、札幌に負けず劣らずの迫力ある雪像がウリの一つ。夜には、ライトアップされた雪像と豪快な花火が絶妙のハーモニーで見るものの目を奪う。ほかに、楽しいステージショーも催され、小岩井農場産のジンギスカンが堪能できる。この地の周辺にある温泉では「八幡平温泉郷」が人気で、各宿には、地下から湧き出す硫黄泉(マグマの湯)が引かれている。

2月29日まで「蔵王」樹氷のライトアップ

   他では、山形の「蔵王樹氷まつり」(2月3~9日)、宮城の「青根温泉雪あかり」(2月4日16時30分~20時半)、福島の「大内宿雪まつり」(2月11~12日)などが知られている。

   蔵王といえば何と言っても樹氷だ。2月29日まで樹氷のライトアップを実施しているほか、「蔵王樹氷まつり」期間中の2月4日には「雪と炎の饗宴」を開催。一般参加型イベントも多数行われる。

   「大内宿雪まつり」の舞台となるのは、その名にあるように、国重要伝統的建造物群保存地区に指定される「大内宿」。風情ある家々のたたずまいもさることながら、ほのかなろうそくの火を灯した雪灯篭(とうろう)が雰囲気をさらに醸し出している。今年で20周年を迎えるとあって、そば食い競争や甘酒振る舞い(無料)など楽しいイベントも盛りだくさんだ。近くには、会津東山温泉や湯野上温泉など、風情ある温泉地があり、旅の疲れを癒してくれる。

   震災からもうすぐ1年という節目に、東北の魅力に触れられる雪まつりに行ってみるのもいい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中